〝メジャー覇者ペア〟松山英樹&大坂なおみを五輪旗手に推す声

2021年04月12日 22時06分

メジャーチャンピオン松山に大役が任される?(ロイター)

 男子ゴルフの松山英樹(29=LEXUS)が、日本人として初めて海外メジャー優勝となる「マスターズ」を制したことで東京五輪開会式での旗手に推す声が出てきた。

 米メディア「NBCスポーツ」によると、元プロゴルファーでコメンテーターのブランデル・チャンブリー氏は、東京五輪から男女ペアでの旗手が推奨されていることを踏まえて「松山選手とテニスの大坂なおみ選手が日本のともに旗手を務める可能性がある」とコメントした。

 マスターズ優勝もさることながら、東京五輪は2011年の東日本大震災の復興を開催理念としており、当時東北福祉大(宮城)に在学中だった点や「マスターズ」初出場の切符をつかんだ2010年の「アジアアマチュア選手権」が五輪のゴルフ会場となる霞ヶ関CCであったことを理由に挙げた。

 競技は違うが、ともに〝メジャーチャンピオン〟という共通点があるだけに、話題になりそう。そのほか同メディアは日本スポーツ界のスターとして競泳の池江璃花子(20=ルネサンス)や体操の内村航平(32)も有力候補だとしている。

【関連記事】

関連タグ: