「NEC軽井沢72」のホステスプロ・原江里菜が気合の前日練習

2014年08月15日 16時00分

ホステスプロとして気合十分の原

 15日開幕の国内女子ツアー「NEC軽井沢72」(軽井沢72G北C=パー72)のプロアマが14日に行われ、ホステスプロの原江里菜(26=NEC)が気合の最終調整を行った。

 

 午前7時のトップスタートだったにもかかわらず、残り数人となった午後6時過ぎまで練習。「練習し過ぎて試合前に疲れてしまわないよう気をつけています。(別会場で行われた)パーティーで3時間ぐらいは抜けているので、そんなに練習したって感じはしていません」

 

 降りしきる雨と「ラウンド中に2か所もブヨに刺された」という脚を気にしていたが、1時間近く行った最後のパッティング練習を「15分ぐらい?」と振り返ったほど、集中していた。

 

 2008年大会の覇者だが、ホステスプロとしての出場は昨年に続き2度目。「調子はまあまあですね。どうしても、いいところを見せたいという欲が出てしまうので、どれだけいつも通りにできるかだと思います」。思い出の地でツアー2勝目を狙う。