<全米女子プロ>藍は8差85位出遅れ

2014年08月15日 16時00分

【ニューヨーク州ピッツフォード14日(日本時間15日)発】米女子ゴルフの今季メジャー第4戦「全米女子プロ」(モンローGC=パー72)初日、宮里藍(29=サントリー)は1バーディー、3ボギーの74で85位と出遅れた。

 

日本勢は有村智恵(26=日本HP)が1アンダーの29位。上原彩子(30=モスフードサービス)はイーブンの48位。野村敏京(21)が1オーバーの68位で、宮里美香(24=NTTぷらら)は3オーバーの105位。首位は6アンダーのL・トンプソン(米国)とミーナ・リー(韓国)。

 

 藍はグリーン上で苦しんだ。この日ティーショットでフェアウエーを外したのは一度だけとショットは好調。だが前半の12番で3メートルがカップ手前でわずかに切れ、16番では1・5メートルがカップに蹴られるなど、チャンスをモノにできない。

 

 この日のパット数は「33」にもなった。

 

 2日目以降の巻き返しのためには、今季不振が続くパッティングの改善が不可欠となる。