【マスターズ】松山から電話で優勝報告 恩師の東北福祉大ゴルフ部・阿部靖彦監督「お互い言葉はなかった」

2021年04月12日 11時00分

初出場だった2011年大会から帰国した際に会見した阿部監督(左)と松山

 海外メジャー「マスターズ」で初優勝を果たした松山英樹(29=LEXUS)の恩師・東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督(58)は12日朝、早くも本人から電話で報告があったことを明かした。

「真っ先に連絡をくれました。電話なのにおかしいかもしれないけど、お互い言葉はなかったですね。『カントク~』と来たんで『おめでとう』って」。それだけで喜びを分かち合える間柄だ。

 4日間テレビを通じて教え子のプレーを見守り「大人に成長したんでしょうね」。ミスにも焦らず、怒らず、笑顔で落ち着いてプレーした姿を喜んだ。

 松山が米ツアーに本格参戦した際には「10年帰ってくんな」と送り出した。「これが新しいスタート。『もう10年帰ってくんな』と言ってやろうと思います(笑い)」。顔を合わせた際には改めてひと言で伝わる祝福、そして激励の言葉をかけるつもりだ。

関連タグ: