【マスターズ】松山英樹の快挙目前で盛り上がるゴルフメーカー 〝松山仕様〟のキャディーバッグは売り切れ寸前

2021年04月11日 16時17分

松山の快進撃を支えるキャディーバッグはお宝化する?(ロイター)

 男子ゴルフのメジャー「マスターズ」オーガスタナショナルGC=パー72)は、松山英樹(29=LEXUS)が4打差の単独首位で最終日を迎える。優勝すれば、もちろん日本初の快挙。一般ゴルファーも、それにあやかるチャンスがあと数人に残されている。

 住友ゴム工業は、松山ら同社が用具契約する選手たちが「マスターズ」で使っているのと全く同じ仕様のキャディーバッグを先月27日から発売している。

「マスターズ」をイメージさせる緑が基調となったこのバッグは、通常のカタログには載っていない限定品。「レプリカ」と呼ばれるモデルは、細部がプロたちが使うのと異なるケースもあるが、これはスポンサーのロゴやネームが入っていないことを除けば選手が使うのと全く同じ仕様になっている。

 松山らが使うのは今回の「マスターズ」のみで、販売されるのは100本という超限定品。そのプレミアム感もあってか税込み9万9000円と高価にもかかわらず、すでにメーカーに残っているのは数本だけだという。

 クラブやボールは性能の恩恵を受けられる人が限定されるが、バッグは腕前に関係なく使うことができる。

 長らく語り継がれるであろう、今年の「マスターズ」での松山と同じバッグを使って〝なり切る〟ことができるチャンスを手にできる人は、あとわずかだ。

関連タグ: