【富士フイルム・スタジオアリス女子】初日暫定20位の小祝さくら「戻って寝て、起きて散歩」

2021年04月09日 20時56分

小祝さくら

 

ゴルフの国内女子ツアー「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」初日(8日、兵庫・花屋敷GCよかわC)は午後6時13分に日没サスペンデッドとなり、全組がホールアウトできなかった。賞金ランク1位の小祝さくら(22=ニトリ)7ホール消化してイーブンで暫定20位だった。

 大会は中継関係者がPCR検査で陽性となったために濃厚接触者の有無の確認と関係個所の消毒のために開始が6時間半遅れた。

 最初のスタート遅れの連絡があった時点ですでにコースにいた小祝は、「ちょっと眠かったので」一度ホテルに戻って昼寝。起きてからは公園を散歩するなどして時間調整していたという。

 この日のラウンドを「最初の方はバーディーチャンスもあったんですけど、なかなかパットをが読み切れなくて」と振り返り、午前7時半からプレー再開となる2日目は「残りがけっこう多くて、朝も早いですけど頑張っていきたいです」と話していた。

関連タグ: