【マスターズ】デシャンボーは風に苦しみ4オーバーの60位

2021年04月09日 10時13分

風に苦しんだデシャンボー(ロイター)

【ジョージア州オーガスタ8日(日本時間9日)発】海外メジャー「マスターズ」初日(オーガスタナショナルGC=パー72)、飛ばし屋のブライソン・デシャンボー(27=米国)は76のラウンドで4オーバーの60位と厳しい初日となった。

 強い風が吹いた遅い時間帯でのプレー。「風はすべての選手のプレーに影響を与えた。それがゴルフで、他に何を言えばいいか分からない」

 4番パー3では第1打をグリーン右の林に打ち込み、2打目は出すだけ。3オン2パットのダブルボギーとした。続く5番パー4では2打目を林に打ち込み、4オン1パットのボギー。「4番で風向きが変わって、5番では風を信じられなかった」と振り返った。

 硬く速いグリーンにも苦戦。「茶色いグリーンがいくつかあった。練習グリーンとコースが違うことは分かっていたが、調整できなかった」

 勝つときには飛距離でコースを制圧するようなプレーを見せるデシャンボーだが、オーガスタではまだそんな姿を見せられていない。

関連タグ: