【マスターズ】松山英樹は会心イーグル奪って69 首位タイでホールアウト

2021年04月09日 06時08分

好スコアに笑顔の松山(ロイター)

【ジョージア州オーガスタ8日(日本時間9日)発】海外メジャー「マスターズ」初日(オーガスタ・ナショナルGC=パー72)、日本から唯一出場の松山英樹(29=LEXUS)は1イーグル、2バーディー、1ボギーの69をマーク。ホールアウト時点で3アンダーで首位に並んだ。後続のプレーは続いている。

 1アンダーで迎えた8番パー5、松山は残り245ヤードから2オンに成功。7メートルのロングパットを沈めてイーグルを奪った。終盤の17番パー4は3パットのボギーとしたものの、上々の滑り出しとなった。

 アマチュア時代を含めて10回目の出場。ホールアウト後は「ここまで硬く乾いたグリーンは初めてだと思うんですけど、今までの経験を生かせたかなと思います」と話した。

 異例の11月開催となった昨年は初日、2日目と続けて「68」をマークしている。

関連タグ: