【バレロ・テキサスOP】松山英樹は30位で終戦 スピースが4年ぶりの優勝

2021年04月05日 10時32分

松山英樹

【テキサス州サンアントニオ4日(日本時間5日)発】米男子ツアー「バレロ・テキサスオープン」最終日(TPCサンアントニオ=パー72)、26位から出た松山英樹(29=LEXUS)は71で回り、3アンダーの30位に終わった。

 11番パー4では左ラフからの2打目を放り込んでイーグル。一方で15番パー4では第1打を左に曲げてダブルボギーと出入りの激しいラウンドだった。

 優勝はジョーダン・スピース(27=米国)で18アンダー。3勝を挙げた17年以来の復活Vとなった。

 男子ツアーは今週、メジャー初戦の「マスターズ」(8日~、ジョージア州)を迎える。

関連タグ: