【ヤマハレディース葛城】小祝さくら4位「本当に痛かった」2日目のトリプルボギーが最後まで響く

2021年04月04日 18時07分

小祝さくら

 ゴルフの国内女子ツアー「ヤマハレディース葛城」最終日(4日、静岡・葛城GC=パー72)、4打差の8位からスタートした賞金ランキングトップの小祝さくら(22=ニトリ)は5バーディー、1ボギーの68と追い上げ、通算9アンダーで4位に入った。

 優勝した稲見萌寧(21=都築電機)とは3打差。2日目の最終ホールでティーショットをOBしてのトリプルボギーが最後まで響くことになり「あのOBが本当に痛かったです。ゴルフはミスがあるのでしょうがないですけど、ひとつのミスがスコアに大きく影響が出るので集中力を18ホール保つことが大事なことだと改めて思いました」と話した。

関連タグ: