【オーガスタ・ナショナル女子アマ】17歳・梶谷翼が初優勝! 快挙達成に「メッチャうれしい」と涙

2021年04月04日 12時06分

トロフィーを高々と掲げる梶谷翼(ロイター)

 17歳の新星が快挙を成し遂げた。「オーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権」(ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=パー72)は3日(日本時間4日)に最終ラウンドが行われ、梶谷翼(17=兵庫・滝川二高)が初優勝を飾った。2打差の5位で出て3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算1オーバでホールアウト。エミリア・ミリアッチョ(米国)とのプレーオフを制した。日本勢としては初の大会制覇となった。上野菜々子(20=東海大付属大阪仰星高)は通算9オーバーの19位だった。


 前半から快調なゴルフを展開した梶谷は、16番終了時点で単独首位に浮上。17番でダブルボギーを叩いたが、最終18番ではチップインバーディー寸前の好ショットでリカバリーした。プレーオフではミリアッチョが2打目をミスし、アプローチショットもバンカーにつかまった。一方の梶谷は2オン2パットのパー。堅実なマネジメントで勝ち切った。

 ホールアウト後、インタビューに応じた梶谷は「すごく緊張していたけど、最後まで何があっても楽しむと決めていた。それがいい結果となってメッチャうれしいです」と歓喜の涙を流した。

 新ヒロインの誕生に、自動車事故で療養中で「マスターズ」5度優勝のタイガー・ウッズ(45=米国)もツイッターを更新。「優勝おめでとう。素晴らしいプレーオフだった」とメッセージを送った。

関連タグ: