【ヤマハレディース葛城】渋沢栄一の遠縁・渋沢莉絵留が首位と2打差の好発進「今日はかみ合った」

2021年04月01日 18時48分

渋沢莉絵留

 ゴルフの国内女子ツアー「ヤマハレディース葛城」初日(1日、静岡・葛城GC=パー72)、渋沢栄一の遠縁にあたる渋沢莉絵留(りえる、20=清水建設)が5バーディー、1ボギーの68で回り、首位と2打差の5位で発進した。

 今年の大河ドラマの主役と遠縁という20歳が、11番ではもう少しでホールインワンとなるスーパーショットなどで見せ「かみ合ったという感じ。最近はショットとパットが、あとひとつのところでつかめていない状況だったのが、今日はつかめた」と振り返った。

 2000年生まれのプラチナ世代。すでに優勝している選手もいる中で「私は少し後れを取っている感じもある」と言いながらも「昔からスロースターターなので、徐々にという感じで焦りを感じずにできています」と話す。

 渋沢栄一のビジネス本を読み、大河ドラマも毎週見ているとのことだが、日曜夜の放送を、勝者として見ることができれば最高だ。

関連タグ: