【Tポイント×ENEOS】小祝さくらは3打差を追う最終日に向け「追いつけない差ではない」

2021年03月20日 19時49分

小祝さくら

 国内女子ゴルフ「Tポイント×ENEOS」2日目(20日、鹿児島・鹿児島高牧CC=パー72)、賞金ランク3位の小祝さくら(22=ニトリ)は68で回り、首位に3打差の8アンダー、暫定3位と今季3勝目に向け、絶好の位置につけた。暫定首位はサイ・ペイイン(29=台湾)で11アンダー。降雨によるコースコンディション不良で26人がホールアウトできなかった。

 4番で初バーディーを奪った小祝は続く5番パー4で10メートルを沈めて連続バーディー。その後は「パットを打ち切れなくて入らないのが続きました」とパーが続いたが、終盤の16、17番では再び連続バーディーでスコアを伸ばした。

 後半は雨足が強くなったが「本格的に降ってきたので逆に切り替えられた感じです。寒いと飛ばなくなるんですが、今日は雨の割に飛距離も出ていました」。

 2週前は最終日に2打差を逆転して今季2勝目。「追いつけない差ではないので明日はしっかりやりたいです。ショットはいいのであとはパット次第かなと思います」。優勝すれば、今季の獲得賞金が1億円と突破。賞金ランクトップ浮上も濃厚だ。

関連タグ: