【明治安田生命レディス】ミレニアム世代の安田祐香が首位発進「自分のペースで戦っていきたい」

2021年03月12日 17時20分

首位発進となった安田祐香
首位発進となった安田祐香

 国内女子ゴルフの「明治安田生命レディス」初日(12日、高知・土佐CC=パー72)、ルーキーの安田祐香(20=NEC)が67をマーク、武尾咲希(26=GOLF5)と並んで、5アンダーで首位スタートを切った。

 2番でボギー先行となった安田だったが、続く3番パー5では残り118ヤードの3打目を2メートルにつけてバウンスバック。中盤以降、持ち前のアイアンショットでバーディーを重ねると、最終18番パー4では左奥から9メートルを沈め、この日6個目のバーディーで締めくくった。

「ティーショットが安定していて、フェアウエーからグリーンを狙えたのが良かったと思います」

 予選落ちに終わった先週から1Wのシャフトを替えたのが功を奏した。

 デビューイヤーの昨年はケガに苦しみ不本意な成績。そんななか、高校の同級生の古江彩佳(20=富士通)が3勝、やはり同い年の西村優菜(20=スターツ)も初優勝を飾った。さらに1歳下の笹生優花(19=ICTSI)が2勝と同世代に先を越された。

「昨年、刺激をもらえたので追いつけるように頑張りたいと思います」とライバル心をのぞかせる一方で「今年は始まったばかりなので自分のペースで戦っていきたいです」。実力はアマチュア時代からの活躍で証明済み。焦ることなく、ここから巻き返しを図っていく。

関連タグ: