【アーノルド・パーマー招待】松山英樹53位で決勝進出 ラフで左手首痛めるハプニング

2021年03月06日 12時59分

左手首痛が心配な松山英樹

【フロリダ州オーランド5日(日本時間6日)発】米男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」(ベイヒルC=パー72)2日目、87位から出た松山英樹(29=LEXUS)は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算1オーバーの53位に浮上して決勝ラウンドに進出した。9アンダーのコリー・コナーズ(29=カナダ)が首位。

「トータルでアンダーにしたい」を目標にインスタートしたラウンドで、松山は12番パー5で3パットのボギーが先行する。

 13番と16番はともに2メートルのバーディーパットを決めるが、18番パー4では2打目がグリーン手前の傾斜にはね返されて池に落としてしまう。

 それでもボギーでしのぐと後半は2バーディーを奪って予選通過を果たした。 

関連タグ: