【ダイキンオーキッドレディス】原英莉花 出遅れ8差38位「耐える流れになってしまった」

2021年03月04日 18時18分

初日はパットに苦しんだ原英莉花

 国内女子ツアー2021年初戦「ダイキンオーキッドレディス」初日(4日、沖縄・琉球GC=6561ヤード、パー72)、昨年に日本女子オープンなど国内メジャー2連勝を飾った原英莉花(22=日本通運)は2バーディー、2ボギーの72で回り、首位と8打差の38位と出遅れた。

 原は「1番(パー4)でバーディーが来て、その流れでうまくいくかなと思ったけど、バーディーが来なくて3パットでボギーを打って流れをつかめず一日が終わった。チャンスもあったけど、ものにすることができずに、耐える流れになってしまった」と悔しいラウンドを振り返った。

 ただチャンスを決めきれなかった原因は、はっきりしている。「パットはアライメント(アドレスでの体の向き)が狂っている感じがして。スライスラインは気持ちよく打てたけど、フックラインは立ちにくかった」。2日目はしっかり修正して好スコアへつなげるつもりだ。

関連タグ: