ウッズが多くの選手の“赤シャツ着用プレー”に感謝のツイート

2021年03月01日 12時08分

タイガー・ウッズ

 23日に交通事故を起こして重傷を負い、療養中のタイガー・ウッズ(45=米国)は28日(日本時間1日)、この日の男女シニアのゴルフツアー最終日に多くの選手が赤いシャツを着てプレーしたことに対して「テレビを付けたら、たくさんの選手が赤いシャツを着ていて。何と言って感謝すればいいのか、わからない。全てのゴルファーやファンが私を支えてくれている」と感謝のツイートをした。

 最終日に赤いシャツを着るのはウッズの定番。この日はフロリダ州で開催された世界選手権シリーズ(WGC)「ワークデー選手権」でローリー・マキロイ(31=英国)、パトリック・リード(30=米国)やジャスティン・トーマス(27=米国)など多くの選手が着用。

 同じフロリダ州で行われた女子の「ゲインブリッジLPGA」ではアニカ・ソレンスタム(50=スウェーデン)が、アリゾナ州で開催されたシニアツアー「コロガード・クラシック」でもフィル・ミケルソン(50=米国)が赤いシャツを着てプレーした。

関連タグ: