事故重傷のウッズ 当局はアルコールや薬物の影響を否定

2021年02月24日 10時43分

事故で負傷したウッズ

 23日(日本時間24日未明)に横転事故を起こし、病院に搬送されたタイガー・ウッズ(45=米国)の救助時の様子や容体が徐々に明らかになってきた。

 米メディアの報道によると、ケガは両脚および足首の骨折で、一部は複雑骨折。命に別条ないという。

 ロサンゼルス消防局は現場に到着した時点からウッズには意識があり、コミュニケーションが取れていたとしている。

 また、ロサンゼルス保安局は事故当時にウッズがアルコールや薬物の「影響を受けていたことを示す証拠はない」。現場はスピードが出やすい下り坂で周辺はカーブが多く、事故の多発地帯との情報もあるが、ウッズが運転していた車の速度などは明らかになっていない。

 ウッズの車は北向きに走行しており、南向きの反対車線を横切って、道路脇に転落した。

 保安局からの情報では救出時に油圧式の器具を使用したとされていたが、消防局は否定。おのなどを使ってフロントガラスの部分からウッズを引き出したとしている。

関連タグ: