【ジェネシス招待】マックス・ホーマがプレーオフを制してツアー2勝目

2021年02月22日 10時57分

ツアー2勝目を飾ったホーマ(ロイター=USA TODAY)

【カリフォルニア州パシフィックパリセーズ21日(日本時間22日)発】米男子ゴルフの「ジェネシス招待」最終日(リビエラCC=パー71)、最終ラウンドで66をマークしたマックス・ホーマ(30)が12アンダーで並んだトニー・フィナウ(31)とのプレーオフを2ホール目で制し、ツアー通算2勝目を挙げた。

 初日から首位だったサム・バーンズ(24)は1打差の3位。世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(36=いずれも米国)は6アンダーの8位だった。

 3日目は強風による中断があった影響で日没サスペンデッドとなっており、この日は第3ラウンドの途中からプレーを再開した。

 松山英樹(28=LEXUS)は今年初の予選落ちで、決勝ラウンドはプレーできなかった。

関連タグ: