【フェニックスOP】松山は4アンダーで40位に浮上

2021年02月06日 12時32分

予選通過を確実にした松山(右、ロイター=USA TODAY)

【アリゾナ州スコッツデール5日(日本時間6日)発】米男子ゴルフ「フェニックス・オープン」2日目(TPCスコッツデール=パー71)、70位から出た松山英樹(28=LEXUS)はノーボギーの67をマーク、4アンダーの40位に浮上した。

 12番パー3で7メートルを沈めるなど、前半で3バーディー。後半唯一のパー5である3番でもしっかりバーディーを奪った。

 松山はノーボギーのラウンドを評価しつつも「思うようにパットを打てなかった」と渋い表情。「最終日に面白い位置でプレーできるように頑張りたい」と巻き返しを誓った。

 小平智(31=Admiral)は71で回り、3アンダーの55位で3試合ぶりに予選を通過した。

 首位はザンダー・シャウフェレ(27)で12アンダー。1打差の2位に53歳のスティーブ・ストリッカー(ともに米国)らがつけている。

関連タグ: