勝みなみがイ・ボミから“学んだ”粘り強さ

2014年05月21日 16時00分

初日ラウンドを終え囲み取材に応じる勝みなみ

 アマチュアゴルフの「九州女子選手権」初日(20日、熊本・玉名CC=パー72)で2年ぶりの優勝を目指す勝みなみ(15=鹿児島高)は1バーディー、ノーボギーの71で回り、首位とは1打差の2位と好位置につけた。

 

 この日は朝から強い雨が降ったが、勝は「今日は精神的にもきつかったが、ボギーを打たなかったので良かった。コンディションも悪い中でアンダーで回れたのは自分の中で満足」と時折笑みを交えて語った。

 

 最後まで崩れなかった点については「プロの方たちを見ていて粘り強いなと思った。それを今日は出せたかな」とプロツアー参戦の効果を実感したという。そのプロの中でも「イ・ボミさん(25=韓国)はやっぱり粘り強い」と現在賞金ランクトップの美人ゴルファーの名を挙げた。

 

 4月の「KKT杯バンテリンレディス」でツアー最年少Vを成し遂げたアマチュアの天才少女は確実に進化を続けているようだ。