松山英樹 119→40位 悪天候の中で驚異の巻き返し! パット好調で上位争い狙う

2021年01月30日 11時39分

驚異の巻き返しで79人をごぼう抜き!(ロイター=USA TODAY)

【カリフォルニア州サンディエゴ29日(日本時間30日)発】米男子ゴルフ「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」2日目(トーリーパインズGC北・南C=ともにパー72)、119位から出た松山英樹(28=LEXUS)は北Cで68と巻き返し、2アンダーの40位で予選を通過した。

「ショットは全然良くなかったんですけど、前半の途中ぐらいまではパッティングが入ってくれたのが大きかった」と7番まで3バーディー、ノーボギー。その後の11ホールは4バーディー、3ボギーと出入りの激しい内容となったが、しっかりスコアを伸ばした。

 雨や風、松山のホールアウト後にはひょうが降って中断するなど、目まぐるしくコンディションが変わる一日で、上位も想定ほどはスコアを伸ばせていない。

 首位はビクター・ホランド(23=ノルウェー)で9アンダー。「首位とそれほど離れていないので、明日からもしっかり準備して頑張りたい」と松山は決勝ラウンドでの上位争いを見据えた。