【女子ゴルフ】稲見萌寧が下半身トレーニングを公開

2021年01月27日 18時49分

トレーニングにキックボクシングを取り入れた稲見萌寧
トレーニングにキックボクシングを取り入れた稲見萌寧

 昨年、一昨年と国内女子ツアーで優勝している稲見萌寧(21=都築電気)が27日、千葉県内で報道陣にトレーニングの様子を公開した。

 飛距離アップを今オフのテーマに掲げる稲見は元キックボクサーの平野洋平トレーナーの指導のもと、この日は下半身を中心にトレーニング。最後はミットめがけてのパンチ、キックで締めくくった。

 パンチやキックの動きは「回転や腰の切れ、上半身のねじれなど、スイングに似ていると思います」。トレーニングに取り入れたのは今年に入ってからだが、スイング時にもスムーズな体の動きを実感しているという。

 昨年は「AIG全英女子オープン」(予選落ち)、「全米女子オープン」(54位)と海外メジャーに初挑戦。

「一番の課題は飛距離だと思います。『全英』は風が強くてそれどころではなかったんですけど、『全米』では長いコースでスコアを伸ばす展開についていけませんでした」

 国内ツアーも距離の長いセッティングが増え「周りの選手も飛んでいるので、置いていかれないように頑張らないと、と思っています」と話す。

 ジムも練習場も自宅から20分以内という環境。「昨年は合宿をしたんですけど、トレーニングができなかったり、むしろ練習量が減ってしまうので…」。目標の年間2勝以上へ、今年は開幕直前まで地元でトレーニングを続ける。

関連タグ:

ピックアップ