勝みなみは“本物”か アマV先輩は次戦も予選突破

2014年05月01日 16時00分

勝と永井花奈(右)はふなっしーのヘッドカバーを手に笑顔

 スーパー女子高生は“本物”のスター候補生なのか。ゴルフの国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」(2日~、千葉・鶴舞CC西C)を前に“スーパー高校生”勝みなみ(15=鹿児島高1年)が30日、時折、雨の降るなかで練習ラウンドを行った。


 15歳293日で史上最年少優勝を飾った「KKT杯バンテリン・レディス」以来、2週間ぶりのツアー出場。大会開幕2日前としては「普段の倍」(ツアー関係者)となる66人の報道陣が集まり、注目度の高さをうかがわせた。


「バンテリン」の優勝により、今月16日までにプロ転向すれば1年間の出場資格を得る。ニューヒロインがプロになるかどうか注目を集めてきたが、勝はこの日「『日本女子アマ』『日本ジュニア』の優勝を目指してきたので、高校生の間はアマとして頑張っていこうと思います」ときっぱり。当面のアマ続行を宣言した。


 いずれにしても、注目されるのは今大会の成績だ。過去にアマチュアでツアー優勝を果たした日本人選手は清元登子、倉本昌弘、宮里藍、石川遼、松山英樹と全員がその後、プロとしても成功している。この5人に共通するのは、次に出場したツアーでも予選を突破していることだ。優勝がフロックではないことをすぐに証明している。


 この日も、トレードマークとなったおにぎりを頬張りながら練習ラウンドを行った勝は「毎回、自分のゴルフをするだけと思っているので、今回も強気のゴルフで頑張りたい。まずは予選を通過して、攻めのゴルフができればいいと思います」。あこがれの藍らに続く大物なのか。今大会はそれを占う大事な試合となる。