【全米女子OP】畑岡奈紗36位 2年ぶり決勝ラウンド進出

2020年12月12日 11時33分

もどかしいラウンドが続く畑岡(ロイター=USA-TODAY)

【テキサス州ヒューストン11日(日本時間12日)発】ゴルフのメジャー「全米女子オープン」(チャンピオンズGCサイプレスクリークコース、ジャックラビットコース=ともにパー71)2日目、 サイプレスクリークコースを回った畑岡奈紗は1バーディー、3ボギーの73とスコアを落としながらも36位。2年ぶりの決勝ラウンドに駒を進めた。

 この日は序盤の3番パー4でバンカーから寄せ切れずボギーが先行。「前半で5メートルぐらいのチャンスが一つでも入ってくれたら、流れが変わっていたのかなと思います」と悔しがる。

 後半は13番パー5でバーディーが先行したものの、続く14番でボギー。波に乗れないまま、最終18番パー4でもボギーを叩いた。

 先週は最終日に崩れて優勝争いから脱落。「練習場ではいいショットが打てているので、あとはコースでできるかだけだと思います」とここまでは調子を取り戻し切れてない。決勝ラウンドでの巻き返しに向けて、ショットの修正が急務となる。