【増枠予選会FS】高木優奈は5位で出場機会獲得!原英莉花への約束果たした

2020年12月03日 19時17分

リモート会見を行った5位の高木優奈(JLPGA提供)

 国内女子ツアーの「増枠予選会ファイナルステージ」最終日(3日、兵庫・有馬CC=パー72)、4位から出た黄金世代の高木優奈(22=グランフィールズCC)は70のラウンドで、4アンダーの5位に食い込んだ。

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)では来年の各大会主催者と出場人数を増やす方向で協議中。今回の予選会は増枠分の優先出場順位を決定するもので、出場機会を得る目安は10位以内という狭き門だった。

 高木は「とりあえず、トップ10と思っていたので、今日は一つでもスコアを伸ばせたらと思っていました」。5位となったことで、来年はこの資格によるものだけでも10試合以上の出場が見込まれる。

 先週「ツアー選手権リコー杯」を制した原英莉花とはジュニア時代から仲が良く、練習ラウンドをともにすることも多い。

 祝福の連絡をした際には「いつも優勝の瞬間に立ち会えていないので、来年はその場にいられるように(この予選会で)頑張ってくるねという話をしました」。

 昨年は下部のステップアップツアーで優勝し、今季はレギュラーツアーでトップ10入りも経験。自身も上位での活躍を目指していく。