【ツアー選手権リコー杯】原英莉花 2番で衝撃のイーグル 全集中でメジャー2連勝へ

2020年11月26日 16時25分

メジャー2連勝を目指す原

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコーカップ」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、原英莉花(21=日本通運)が2番でイーグルを奪うなど、67をマークし、5アンダーで単独首位に立った。

 2番パー5の第3打は残り110ヤード。「2バウンド目ぐらいでボールが消えたので、オーバーしたのかなと思いました。(キャディーは)『入った』って言ってたんですけど、入った感覚はなかったです」という。結果は正真正銘のイーグルだった。

「コントロールしなきゃいけない距離が残ることが多くて、イメージが出しづらかった」とパーオン率は50%だったが、ショートゲームでしのいでパーをセーブ。「集中力を切らさずにプレーできたのが良かったと思います」と振り返った。

 今季は10月の「日本女子オープン」を制しており、今大会には国内メジャー2連勝がかかる。「メジャーへの思いは強いので気合は入っています。コースに対してしっかりプレーできれば、いいところに行けるんじゃないかと思います」。

 今大会は4日間とも「自分のことに集中できるのでやりやすい」という2人一組(2サム)でのラウンド。リズムを崩すことなく、最後まで突っ走る。