【ダンロップフェニックス】初日 重永亜斗夢が首位

2020年11月19日 16時28分

アトムポーズを決める重永

 ゴルフの国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」が19日に宮崎・フェニックスCC(パー71)で開幕し、初日は重永亜斗夢(32=ホームテック)が6バーディー、ボギーなしの65で回り、首位に立った。

 1打差の2位に岩田寛(39)がつけ、連覇を狙う昨年賞金王の今平周吾(28)は、71のイーブンパーで44位のスタートとなった。

 10月にプロ転向した金谷拓実(22=東北福祉大)は68のラウンドで12位。石川遼(29=CASIO)は74で71位と出遅れた。