【エリエールレディス】西郷真央 思い出のコースで健闘誓う

2020年11月18日 23時03分

西郷真央

 19日開幕の国内女子ゴルフ「エリエールレディス」の会場エリエールGC松山と好相性の一人がルーキーの西郷真央(19=大東建託)だ。

 このコースで行われた昨年6月の「日本女子アマ」では今季ツアー優勝を飾っている古江彩佳、西村優菜、笹生優花を抑えて優勝。「パットに関してはすごく入っていたイメージがあるので、距離感を合わせられれば、いいイメージでできるかなと思います」。ゲンを担いでというわけではないようだが、1年半前と同じホテルに泊まっているという。

 警戒するのは5番パー4(450ヤード)。女子アマはもちろん、ツアーでも昨年まで、パー5(485ヤード)として使用されていたホールで「パーセーブできれば、流れも良くなると思うので、気を引き締めて頑張りたい」と話した。

 最近4試合で予選落ちが3回と、苦しんでいるが「やっと最低限の調子にはなってきたと思います」。アマ日本一の思い出が残るコースで、デビュー戦から2試合連続5位となった開幕時の勢いを取り戻す。