【マスターズ】松山英樹は持ち越し3ホールすべてパー 6位で決勝R進出

2020年11月15日 01時01分

6位で決勝R進出の松山(ロイター)

【ジョージア州オーガスタ14日発】男子ゴルフのメジャー「マスターズ」(オーガスタナショナルGC=パー72)3日目、前日に日没サスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の残りを終了し、通算イーブンパーの50位までの選手が決勝ラウンドに進出した。

 2日目に第2Rの3ホールを残していた松山英樹(28=LEXUS)は、全てパーとし、同Rを68で回り、通算8アンダーで首位と1打差の6位につけた。引き続き第3Rのプレーに入る。

 第2Rを終えて通算9アンダーの首位は、ダスティン・ジョンソン(36)、ジャスティン・トーマス(27=ともに米国)ら5人。2連覇を狙うタイガー・ウッズ(44=米国)は、第2Rを71で回り、通算5アンダーで17位。9月の全米オープンからメジャー2連勝を狙うブライソン・デシャンボー(27=米国)は、通算イーブンパーの50位でギリギリ予選を突破した。

 2日目までに第2ラウンドを終え、通算2アンダーとしていた今平周吾(28)は、35位。2度目の出場でマスターズ初の予選突破を果たした。