【マスターズ】連覇狙うウッズは伸ばせず 通算4アンダーで暫定22位

2020年11月14日 09時17分

バンカーからのショットを放つウッズ(ロイター)

【ジョージア州オーガスタ13日(日本時間14日)発】男子ゴルフのメジャー「マスターズ」(オーガスタナショナルGC=パー72)2日目は前日に日没サスペンデッドとなった第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われ、タイガー・ウッズ(44=米国)は10ホールで2バーディー、2ボギーで通算4アンダー。暫定22位で日没サスペンデッドとなった。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(36)。同3位のジャスティン・トーマス(27=いずれも米国)ら4人が通算9アンダーで第2Rを終えて暫定首位に並んでいる。

 連覇でジャック・ニクラウス(80=米国)の大会最多勝に並ぶ通算6勝目を狙うウッズは1番パー4の2打目を右に外す。

 だが傾斜で巧みにボールの勢いを殺して50センチにつけてパー。2番パー5はバンカーからの3打目がもう少しで入りかけてのバーディーと、快調な出だしを見せる。

 ところが3番パー4で1メートルのパーパットがカップに蹴られてボギー。7番パー4もバンカーから寄せ切れずにボギーとしてしまう。

 7番はラフからバンカーに入れ、次も寄せ切れずにボギーと流れが悪くなりかけたのを、8番パー5でバーディーを奪って食い止めた。

 インに折り返し、11番パー4のティーショットを左ラフに入れ、2打目を待っている時にサスペンデッドとなり、ボールをマークしてこの日のプレーを終えた。