【全米女子オープン】アマチュアの大田紗羅 コロナ拡大の影響で出場を辞退

2020年11月12日 22時46分

大田紗羅

 全米ゴルフ協会は11日(日本時間12日)、「全米女子オープン」(12月、テキサス州)に「世界アマチュアランク上位20人(4日付)」のカテゴリーで出場する選手を発表した。

 辞退者などが出たため、出場権を得たのは27位まで。日本人選手最上位となる26位の大田紗羅(20)は新型コロナウイルスの感染拡大など「現在の状況から判断して今回は見送りました」(大田の家族)と辞退者の1人となった。

 大田は2000年生まれのミレニアム世代。169センチの長身を生かしたプレーで昨年は「ヨネックスレディス」7位など、ツアーでも上位争いを演じていたが、「最終プロテスト」(昨年11月)では涙をのんだ。

 今季もアマチュアとしてツアー2試合に出場。来年3月以降への延期が決まり、新たな日程が未定となっている次回のプロテスト合格を目指している。