古江彩佳 ブルガリ高級時計ゲットにニンマリ

2020年11月09日 14時55分

ブルガリの高級腕時計をつけて笑顔をはじけさせた古江

「デサントレディース東海クラシック」(9月)でプロ転向後、初のツアー優勝を果たした古江彩佳(20)が9日、ブルガリ銀座タワーで行われた優勝副賞の贈呈セレモニーに出席した。

 贈られたのはブルガリの女性用ウオッチ「セルペンティ・トゥボガス」。早速、着用した古江は「すごいキレイでうれしいです。普段、あまり腕時計は着けないんですけど、こういうキレイな場所に来るときに着けたいです」。

 ブルガリは20歳の女性にはなかなか手が届かない高級ブランド。「今年、友人に名刺入れをプレゼントしてもらったので(同社の製品は)2個目です。これを着けていたら、時間を見るよりも、時計を見ちゃいそうですね」と笑顔がこらえ切れない様子だった。

 正式発表はされていないが、古江は世界ランキングにより「全米女子オープン」(12月10日~)の出場権を獲得する見込み。出場すれば、帰国後に2週間の自主隔離が必要になる。

「年内はほぼ外に出られないかもしれないので、1月にはこの時計をつけて出掛けられればうれしいなと思います」。まだ、国内ツアーも3試合を残しているが、この時ばかりは楽しいオフを思い浮かべていた。