【TOTOジャパンC】安田祐香が今季最高の14位 30人限定の最終戦出場へ「できるだけ上位で」

2020年11月08日 23時15分

最終日を68で終えた安田祐香

「TOTOジャパンクラシック」最終日(8日、茨城・太平洋C美野里C=パー72)、注目のルーキー・安田祐香(19=NEC)は68をマークし、9アンダーの14位で大会を終えた。

 期待値が高いだけにやや苦しいプロ1年目となっているが、前週の16位に続いて、今大会も今季の最高成績を更新。「ティーショットで持ち球のドローが出なくて、捕まった球が打てていないので、まだまだかなとは思うんですけど、バーディーを取れるショットができてきたのは良かったかなと思います」。年内の残り試合が少なくなる中だが、調子が上がってきたことを実感している。

 ケガから復帰したばかりだけに、これからの寒さの中でのプレーに一抹の不安は感じているが「一打一打、丁寧にプレーすれば、結果につながると思うので、来週も丁寧にプレーしたいと思います」。

 最終戦の「LPGAリコーカップ」(26日~、宮崎)に出場するには残り2試合のいずれかで優勝するか、賞金ランクを現在の50位から30位以内に上げる必要がある。

「(最終戦に)出てみたいという気持ちはあるので、できるところまで頑張って、できるだけ上位で行けるようにしたいと思います」。アマ時代に数々のタイトルを手にしてきた勝負強さを発揮したい。