【TOTOジャパンC】原英莉花ノーボギー10位発進 同組・奈紗に刺激「スイッチ持っている感じ」

2020年11月06日 19時14分

初日は68で回った原英莉花

「TOTOジャパンクラシック」初日(6日、茨城・太平洋C美野里C=72)、原英莉花(21=日本通運)はノーボギーの68をマークし、4アンダーの10位と好スタートを切った。

 快調な滑り出しに見えたが「自分が納得できるショットが少ない中で、ボギーを打たずにプレーできたのは良かったと思います」。一方でパッティングについては「読み間違いはあったんですけど、自分が思ったところに打てていました」と納得の様子だった。

 最大のピンチは14番パー4。ティーショットを左に曲げると、2打目はグリーン奥にオーバーした。アプローチも寄せ切れなかったが、4メートルを沈めて、パーをセーブした。

 初めて同じ組で回った畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)については「落ち着いていて冷静だなと思いました。メンタルが強くて、自分の中のスイッチを持っている感じが伝わりました」。世界で戦う畑岡のプレーは刺激になったようだ。

 2日目に向けては「しっかりセーフティーに打って、そこからバーディーを取れればと思います。もう少しショットの精度を上げられるように練習します」。好調のパットにショットがかみ合えば、今季2勝目が十分に狙えそうだ。