【TOTOジャパンC】渋野日向子「今は58度しかないです」 昨季愛用のSWと〝心中〟覚悟

2020年11月06日 05時15分

練習ラウンドで笑顔を見せる渋野

 ゴルフの女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」(6日~、茨城・太平洋C美野里C)で今季国内3戦目を迎える渋野日向子(21=サントリー)が58度のSWと心中する覚悟を固めた。昨季はほとんどの状況でSWを使ってアプローチをしていた渋野だが、オフに52度のAW、PWなどさまざまなクラブを使ってのアプローチを特訓。今季は新たなバリエーションを加えて戦ってきた。

 しかし、国内復帰戦となった先週、予選落ちを喫するなど、なかなか思うような結果を残せていない。そんな中、5日の練習ラウンドではグリーン回りでSWのみを使用。「今は私にできるのは落とす場所をイメージして、それを大事にしていくことだけ。来年、再来年は他のクラブでも打てるようにしたいけど、今は58度しかないです」。いったん、昨季と同じSW一本やりに戻ることとなった。

 渋野は「朝起きたら新しい一日が始まる」と切り替えを強調する一方で「結果に対する気持ちが強過ぎると病んでいってしまうのかなと思います」。使い慣れたSWを頼りに一日も早く、すっきりと心が晴れるようなラウンドをしたいところだ。