【三菱電機レディス】勝みなみが2位に5打差の独走態勢「今はゴルフが楽しい」

2020年10月31日 17時48分

快調にスコアを伸ばす勝みなみ

「樋口久子・三菱電機レディス」2日目(31日、埼玉・武蔵丘GC=パー72)、首位スタートの勝みなみ(22=明治安田生命)が連日の67をマーク、10アンダーとスコアを伸ばし、2位に5打差の首位と独走態勢に入った。

 1番パー5で幸先良くバーディー発進の勝だったが、2番パー4ではティーショットを左に曲げ、暫定球も左ラフと不穏なムードが漂った。それでも、1球目が「木に当たったみたいで」とOBにはならず、2オンにも成功。20メートルから3パットで今大会初のボギーとしたものの、大きなトラブルにはならなかった。

 後半は11番から3連続バーディーを奪うなど快調なプレー。「最終組で回るのは久々で嬉しかったし、今はゴルフが楽しいという気持ちでやれています」とホールアウト後も笑顔があふれた。

 最終日ももちろん最終組でのプレー。5打差をつけての首位だけに勝って当たり前というプレッシャーもかかる。

「最終組は伸ばしにくいと言われるんですけど、そんなイメージを変えるぐらい、自分でもどこまでいけるかなという感じで伸ばしていきたいです」

 一昨年1勝、昨年2勝とプロ転向後も着実に結果を残してきた勝だが、今季は目立った活躍がなく、優勝争いも初めて。ぶっちぎりVでしっかり存在感を示す。