【三菱電機レディス】勝みなみノーボギー67で単独首位「ショットの調子が上がってきました」

2020年10月30日 22時08分

5アンダーで初日を終えた勝みなみ

「樋口久子・三菱電機レディス」初日(30日、埼玉・武蔵丘GC=パー72)、勝みなみ(22=明治安田生命)が5バーディー、ノーボギーの67をマークし、5アンダーで単独首位に立った。

 今季は国内7試合で予選落ちが2回、直前の試合の12位が最高と結果が出ていないが、今月に入り「ショットの調子が上がってきました。パットは以前から良かったのでかみ合えば、いいスコアが出ると思っていました」。

 ピンチは何度もあったが、15番では5メートルのパーパットを沈めるなど、すべてしのいでノーボギー。感じていた手応えがようやく結果に表れた。

 来年までシーズンが統合されたため、終盤戦ではないが、年内のツアーは今大会を含めて残り5試合。「調子が上がってきて、気持ちも乗ってきているので、最後は畳みかけていきたいですね」。ここから一気に本領発揮といきたいところだ。