【CJカップ3日目】松山英樹は「70」スコア伸ばせず7打差の10位

2020年10月18日 15時36分

【ネバダ州ラスベガス17日(日本時間18日)発】米男子ゴルフ「CJカップ」(シャドークリークGC=パー72)3日目、8位から出た松山英樹(28=LEXUS)は5バーディー、3ボギーの70のラウンドで、通算8アンダーで首位と7打差の10位となった。

 約3年2か月ぶりの優勝へ向けて、なかなかスコアを伸ばせず「ちょっと苦しい内容だった」(松山)。最終日(18日)の逆転へ「しっかり切り替えて頑張りたい」と前を向いた。

 67で回り、通算15アンダーのラッセル・ヘンリー(31=米国)が首位。