【富士通レディース】7位・柏原明日架 5差拡大もV圏キープ「最低ラインはクリアできた」

2020年10月17日 19時40分

柏原明日架

 国内女子ツアー「富士通レディース」2日目(17日、千葉・東急セブンハンドレッドC=パー72)、ホステスプロの柏原明日架(24=富士通)は74のラウンドで、イーブンパーの7位と順位こそスタート時点と変わらなかったが、首位との差は「2」から「5」に広がった。首位は浅井咲希(22=小杉CC)で5アンダー。

 バーディー1つというラウンドに柏原は「想像していたよりタフな一日になりました。もうちょっとバーディーを取れていれば、もっと面白い位置で最終日を迎えられたかな」。それでも、なんとかV圏はキープし「最低ラインはクリアできたと思います」と話した。

 初のホステスVがかかる最終日に向けては「この3日間のベストではなく、今年のベストプレーができたら」。逆転にはこの日のような我慢のゴルフではなく、バーディーラッシュが必要になりそうだ。