丸山茂樹が高校生のために参加費&プレー代無料の特別大会開催

2020年10月14日 18時30分

昨年7月の大会で優勝した岩井明愛(中央)と2位の千怜(その左)姉妹(丸山茂樹ジュニアファンデーション提供)

 プロゴルファーの丸山茂樹(51=セガサミーHD)が代表理事を務めるジュニアファンデーションは、11月21日に千葉セントラルGCで高校生のための特別大会を開催することを14日に発表した。

 新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止になった高校生に活躍の場を与えることが目的で、同ファンデーションが主催する他のジュニア大会同様に、参加費とプレー代はいずれも無料となっている。

 応募は28日までに同ファンデーションのHPから。募集は男女各32人で、優先順位は「今年3月に開催予定だった大会に出場予定だった3年生」「それ以外の3年生」「1、2年生」となっている。

 なお新型コロナウイルス対策として出場選手には抗原検査キットを配布して、検査結果の提出を義務付け。大会当日も受け付けに非接触型の検温機を設置するなどの措置がとられることになっている。

 大会には「日本女子オープン」でローアマとなった岩井明愛(あきえ)と、先週の国内女子ツアー「スタンレーレディス」でやはりローアマになった岩井千怜(ちさと、いずれも18=埼玉栄高3年)の双子姉妹の出場が予定されている。