【スタンレーレディス】2年連続で2日目を中止 台風によるコースコンディション不良

2020年10月10日 10時39分

 国内女子ツアー「スタンレーレディス」(静岡・東名CC=パー72)は台風によるコースコンディション不良と天候の回復が見込めないことから10日の第2ラウンドが中止となった。

 競技は36ホールに短縮。規定により、11日の決勝ラウンドには5オーバー、60位タイまでの71人が進出する。

 この大会の台風の影響による第2ラウンドの中止は2年連続。昨年は最終日が9ホールで行われ、27ホールでの決着となった。

 第1ラウンド終了時点で1アンダーの首位に新垣比菜(21=ダイキン工業)、山下美夢有(19)ら7人、1打差の8位に小祝さくら(22=ニトリ)ら6人が並ぶ大混戦。

 今季2勝の笹生優花(19=ICTSI)は3オーバーの31位、先週の「日本女子オープン」を制した原英莉花(21=日本通運)は4オーバーの46位から逆転を狙う。