【日本女子OP】小祝さくら2位発進 ノーボギーの66!「メジャーってこと忘れてました」

2020年10月01日 18時24分

2位発進の小祝さくら(代表撮影)

 ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」初日(1日、福岡・ザ・クラシックGC=パー72)、小祝さくら(22=ニトリ)が6バーディー、ノーボギーの66をマーク、6アンダーの2位と好スタートを切った。首位はイ・ナリ(32=韓国)で8アンダー。

 1番パー5をで3メートルを沈めてバーディー発進の小祝は4番4メートル、8番5メートルとチャンスを確実にものにして、3アンダーでハーフターン。後半も11番パー4で花道からチップインバーディーを決めるなど、3つスコアを伸ばした。

 ノーボギーのラウンドに「ボギーになりそうなところで、パーセーブできたのが大きかったと思います」。16番パー4では3メートルのパーパットを沈めた。

 試合がなかった先週からショットの不調を感じていたが、今大会は別の選手のキャディーとして会場入りしている辻村明志コーチ(45)にアドバイスを受けて復調。「自分でいろいろ考えても良くなる感じがなかったんですけど、コーチから軸を傾けないように言われて良くなりました」。

 初のメジャー制覇へ、絶好のスタートとなったが「メジャーってことは忘れてました。周りもメジャーだから頑張ろうっていう感じはなくて、いつもと一緒です」。あくまで自然体で、マイペースに女子ゴルファー日本一の称号を目指す。