【ポートランドC初日】シブコ3連続バーディーも後半失速 暫定39位

2020年09月19日 13時44分

渋野日向子

【オレゴン州ポートランド18日(日本時間19日)発】米女子ツアー「ポートランド・クラシック」(エッジウォーターCC=パー72)初日は悪天候による中断があり、午後スタートだった渋野日向子(21=サントリー)は1ホール残して日没サスペンデッド。1アンダーの暫定39位となった。

 現地時間午後1時54分。最終組の二つ前でスタートした渋野は、3番で3メートルを決めてこの日最初のバーディーを奪ったものの、続く4番で2メートルのパーパットを残した状況で、雷の接近によりプレーが中断となった。

 それでも約1時間半後に再開するとパーパットをしっかり決め、5番と7番のパー5はいずれも2オン。圧巻の3連続バーディーで一気に順位を一桁に上げる。

 だが、8番パー3でボギーを叩くと、この日初めてフェアウェーを外した11番もボギー。13番で取り返したものの、ティーショットを曲げた15番パー4はダブルボギーとしてしまい、17番までプレーして、日没によりサスペンデッドとなった。

 他の日本勢は野村敏京(27)と河本結(21=リコー)は2オーバーの暫定92位。上原彩子(36=モスバーガー)は3オーバーで暫定112位。山口すず夏(20=環境ステーション)は4オーバーで暫定129位となっている。

 今大会は、米西海岸での大規模な山火事の影響で開幕が1日遅れ、3日間54ホールでの開催に短縮された

 歴代優勝者には2010年の宮里藍さん(35)。12年に宮里美香(30=ニチコン)と日本人2人が名を連ねる