賞金王・松山が白鵬、マー君らのオーラにガチガチ

2013年12月27日 11時00分

遅れて到着した白鵬(右)の大きさに、松山が口をあんぐり!? 左から宮里美香、田中将大

 史上初のルーキー賞金王に輝いた松山英樹(21=東北福祉大4年)が26日、都内で行われた「報知プロスポーツ大賞」の授賞式に出席した。


 巨人・阿部慎之助捕手(34)、楽天・田中将大投手(25)、横綱白鵬(28=宮城野)といった豪華な顔ぶれと同席した松山は「緊張して何も聞けませんでした」。ほとんど会話らしい会話はできなかったが「努力を重ねないと、感動を与えることはできないと思う。自分も感動を与えられるように頑張りたい」。他競技のトップアスリートから大いに刺激を受けた。


 また、スーツの胸元には「レクサス」の社章がキラリ。来年1月1日からの所属契約を発表した会見の際「レクサスの皆さんが付けていて『カッコいいですね』と言ったらくれました」。早くも所属選手としての自覚が出てきたようだ。