【ANAインスピレーション初日】畑岡奈紗2アンダー19位 河本結1アンダー33位発進

2020年09月11日 11時37分

畑岡奈紗(ロイター=USA TODAY)

【カリフォルニア州ランチョミラージュ10日(日本時間11日)発】ゴルフの米女子メジャー「ANAインスピレーション」(ミッションヒルズCC=パー72)初日、日本勢は畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)も2バーディー、ノーボギーの70で回って渋野日向子(21=サントリー)と同じ19位発進。フェアウエーを外したのは3回、パーオン逃しは2回だけのゴルフに「すごく落ち着いてプレーできた。ティーショットが安定して大きなミスがなかった」と話す一方で「チャンスが多かったからパットをもう少し決められたらよかった」とちょっぴり悔しさをにじませた。

 河本結(22=リコー)は1アンダーの33位。コロナ禍からの再開初戦だった7月の「ドライブオン選手権」は4位に入ったものの、その後4試合は3連続予選落ちと66位。1バーディー、ノーボギーだったこの日のゴルフを「しのいでパーを拾っていく感じだった。その中でボギーを打たずにスコアメークできたのは、自分の成長を感じた」と話した。

 野村敏京(27)は2オーバーの65位。18番パー5での「9」を叩いたことには「考えてもイライラするだけ。明日(2日目)リベンジしたい」と切り替えていた。

 上原彩子(36=モスバーガー)は2バーディー7ボギーで5オーバーの94位と苦戦。「グリーンを外す回数が多い分、こういうスコアになったかな」と振り返った。