【ゴルフ5レディス】新日本・オカダが今季初Vの小祝をゲキ祝!「〝バーディーの雨〟降らせて賞金女王に」

2020年09月07日 11時00分

オカダ・カズチカ(左)と小祝さくらは昨年末に本紙で特別対談した

 国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」(岐阜・ゴルフ5カントリーみずなみC=パー72)で、最終日(6日)に単独首位から出た小祝さくら(22=ニトリ)が6バーディー、ノーボギーの66をマークし、通算17アンダーで今季初優勝。2位に6打差の圧勝だったが、物足りなかったのは最後まで「ガッツポーズ」がなかったことだ。プロレスファンの母・ひとみさんは、新日本プロレスのエース、オカダ・カズチカ(32)への弟子入りを提案。そのオカダ本人が本紙を通じ、祝福メッセージを寄せた。

 昨年末の本紙対談では、小祝は年間3勝を目標に掲げていた。オカダは「あと2勝足りませんから。約束したことなので、もちろん3勝してもらわないと」とシビアな一面を見せつつも「うれしいですよね。G1(19日、大阪で開幕)が始まる前に、いい刺激をいただきましたね。僕も負けられないな」と、自身の発奮材料になったようだ。

 小祝の母・ひとみさんがガッツポーズ伝授のために弟子入りを望んでいることには「(今年は)結果を残せてないので、僕がガッツポーズしたいくらいです。まあ、でも僕も成績を残せばできると思うので、切磋琢磨し合って、年末にはお互いのガッツポーズで東スポでドカンといきましょうという感じですね」と返答。現在はゴルフスクール通いを再開したことでゴルフ熱が高まっていると言い「またコロナが落ち着いたときに何かできるように。その時はぜひ教えてください」と“逆弟子入り”を申し出た。

「バーディーの雨を降らせつつ、それイコール『カネの雨』につながると思いますので。ぜひ賞金女王になってもらいたいなと思いますね。その時は僕がごちそうしますから。女子ゴルフ界のレインメーカーを目指してやってもらいたいですね」
 オカダからのエールに小祝は応えられるか。