【ゴルフ5レディス最終日】古江彩佳が2位 パット冴え「66」をマーク

2020年09月06日 21時39分

2位の古江彩佳(代表撮影)

 国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」最終日(6日、岐阜・ゴルフ5CみずなみC=パー72)、ミレニアム世代の古江彩佳(20)が66をマークし、11アンダーの2位で今季初のトップ10入りを果たした。

 10番パー5で7メートルを沈めてイーグルを奪うと、12番からの5ホールで4バーディーを量産。後半は11パットとパッティングが冴えた。

「まだ速いグリーンには対応できていないので、今は遅いグリーンの方が大丈夫かなと思います」。今週のグリーンとは好相性だった。

 先週は昨年11月のプロデビュー戦以来となる予選落ちを喫したが、ここにきて調子は上向き。初出場の公式戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」に向け「やるべきことをしっかりやって上位にいけたら」と意気込んだ。