【ゴルフ5レディス・2日目】小祝さくら通算11アンダー単独首位 シルバーコレクター返上なるか

2020年09月05日 16時26分

好調の小祝さくら(代表撮影)

 国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」2日目(5日、岐阜・ゴルフ5CみずなみC=パー72)、小祝さくら(22=ニトリ)が65をマーク、後続に2打差をつけ、11アンダーで単独首位に立った。

 1つスコアを伸ばして折り返した小祝は、後半でバーディーラッシュ。10番パー5で2㍍を沈めると、さらに12番8㍍、13番2㍍、14番6㍍とチャンスをものにし、3連続バーディー。16、17番も連続バーディーで一気にスコアを伸ばした。

 前半は重いグリーンに合わせ切れず、パットをショートする場面が目立ったが「12番からタッチが合ってきて、入り出しました」と振り返った。

 先週はルーキーの笹生優花(19=ICTSI)とのマッチレースに敗れて2位。同じみずなみCで行われた2年前のこの大会では、申ジエ(32=韓国)とのプレーオフに敗れて2位と、最終日は2つの意味でリベンジがかかる。

「その辺りはあまり考えずに自分のゴルフがしっかりできなきゃいけないなと思います」。テーマとして、マネジメントと集中力を挙げた。

 北海道出身で暑さは苦手。最高気温35度の猛暑日となったこの日は「脚がジリジリしました」。明日はやや気温が下がって、最高32度の予報。〝シルバーコレクター〟脱却へ、天気も少しだけ味方してくれている!?