【ニトリレディス・3日目】18歳アマ・六車日那乃が3位浮上 パットはあこがれ〝鈴木愛流〟

2020年08月29日 18時34分

連日の69をマークした六車(代表撮影)

 国内女子ゴルフの「ニトリレディス」3日目(29日、北海道・小樽CC=パー72)、4位から出たアマチュアの六車日那乃(18=麗澤高3年)が連日の69をマーク、8アンダーの3位に浮上した。首位は笹生優花(19=ICTSI)で12アンダー。

「前半はショットがブレず、チャンスでパットが強めに打てていました」とアウトは3バーディー、ノーボギー。後半はスコアを伸ばせなかったが、ツアー屈指の難ホールで知られる16番パー4で3メートルのパーパットを沈めるなど、得意のパッティングで要所を締めた。

 今大会の予選ラウンドは鈴木愛(26=セールスフォース)と同組でプレー。昨年の「伊藤園レディス」では惜しくもローアマを逃がし、表彰式で優勝した鈴木の隣に並べなかったことから悔し涙を流したほどのあこがれの存在だ。

「愛さんは読みが甘くて外れることがなかったので、私も深めに読むように意識しました」。この日は早速、間近で見た鈴木のパッティングを参考に自身のプレーに取り入れた。

 最終日は首位の笹生らと最終組でのプレー。「ついていきたいなという気持ちはあります」。勢いに乗るスーパールーキーにどこまで迫れるのか注目だ。